顔のシミに効果的な治療や化粧品、飲み薬について

顔のシミを何とかしたい・・
顔のシミが気になってしまいいつもファンデーションを厚塗りしてしまう・・コンシーラーで隠してしまう・・そんなお悩みがある人は多いと思います。
顔のシミが気になっている人はシミに効果のある化粧品や皮膚科でのシミ治療を受けてみると良いでしょう。
皮膚科で行われるシミ治療の方法やシミに良い化粧品についてご紹介します。

 

皮膚科でシミ治療

まずは皮膚科で受けることができるシミ治療についてご紹介します。
シミ治療の方法はいくつかあり、お肌の状態を見ながら最適な方法でシミ治療を行っていきます。
しかし皮膚科によって行っている方法は異なるので事前に確認しましょう。

 

フォトフェイシャル

光によってシミを治療する方法です。シミだけでなくお肌のトラブル全般に働きかけてくれる治療なので、くすみが気になる、そばかすが気になる、ニキビ跡が気になる、毛穴が気になる、小じわが気になるというような人におすすめです。光を照射することで肌のハリを高める事ができます。
コラーゲンの生成が促される効果があるので肌が若々しくなります。

 

レーザートーニング

レーザートーニングは肝斑の治療にも使われています。メドライトCが有名なマシンです。
弱いパワーのレーザーを照射しメラニンを少しずつ壊していきます。回数をかけてシミを薄くしていく効果があります。
ダウンタイムが少ない治療方法です。

 

イオン導入

シミを消すのではなく、シミを目立たなくさせる効果やシミを作らせないようにする効果が期待できる
治療です。色素沈着を綺麗にする効果もあります。
どのような薬剤を導入するのかによって効果が変わってきます。

 

Qスイッチルビーレーザー

シミを1回で取ることができると言われているレーザーです。シミの状態によっては1回で取れない場合もあります。
その場合は数回照射します。照射の際に痛みが強く、照射後もかさぶたが剥がれるまでは絆創膏で保護しておかなければいけません。沢山のシミを一度に治療してしまうと絆創膏を沢山貼らなければいけないので、特に濃いシミや気になるシミ、大きなしみで早く無くしたい場合のみに照射されるケースが多いです。

 

塗り薬(ハイドロキノン・トレチノイン)

皮膚科で購入できるシミ治療の塗り薬です。ハイドロキノンもトレチノインも効果は高いですが肌に合わない人もいます。肌が赤くなってしまう、皮がめくれてしまうなどの副作用もありますので継続して使用していくには定期的な医師の診察が必要です。

 

シミに効果のある化粧品は?

シミに効果がある化粧品を購入したい場合、医薬部外品を購入してください。効能・効果がきちんと
記載されています。
皮膚科でシミ治療を受ける余裕が無い・・という人は市販されているシミ対策化粧品でシミケアをしてみてください。

 

HAKU

資生堂の美白ケアシリーズで大人気のHAKUは、進化し続けています。
現在販売されている美白美容液には資生堂オリジナルの美白成分が配合されています。
4MSKという美白成分で今あるシミにも未来のシミにも働きかけてくれる成分として注目されています。
4MSKは、メラニンの生成を抑える効果とできてしまったメラニン色素を排出させる効果があります。
そのため今あるシミにもこれからできるかもしれないシミにも効果があるのです。
厚生労働省認可の美白成分、トラネキサム酸も配合されています。
m-トラネキサム酸はシミやそばかすを防ぐ効果が高い成分です。
炎症を抑えてくれる働きもあります。

 

プラスリストア ナノHQクリーム

クリニック専売品の美白クリームです。ハイドロキノンを配合し、フラーレン、ビタミンA、C、Eも配合されているクリームで肌の透明感を高めてくれます。
くすみを取ってくれる効果が高く、シミにもしっかりとアプローチしてくれるクリームです。

 

サンソリット ホワイトHQクリーム

高濃度でハイドロキノンを配合しているのですが、肌荒れすることなく使えるとされています。
刺激がないのにしっかり美白効果を得ることができます。
お肌が乾燥しないようにしっかり保湿成分も配合されています。

 

トランシーノ美白クリーム

シミ治療の飲み薬で有名なトランシーノブランドの1つです。美白クリームにはハイドロキノンが配合されています。

 

その他、有効と思われる顔シミ対策の化粧品について掲載されているサイトをご紹介します。
体験談もあるので参考になると思います。
顔のシミを取る方法|しみを消すシミ抜き化粧品はコレがいいですよ!

 

シミに効果のある飲み薬は?

身体の中からもケアしていこうと思った場合、医薬品が役立ってくれます。
外側からは化粧品を使って、さらに医薬品で効果を高めましょう。

 

トランシーノII

肝斑に良いとされているトランシーノIIは、8週間飲み続けると肝斑が薄くなるという結果が出ている
シミ治療薬です。

 

トランシーノホワイトCクリア

シミやそばかす、色素沈着が気になる人におすすめの医薬品です。メラニンの過剰な生成を抑えて
シミを作らせないようにします。できてしまったメラニンも無色化させて排出させていきます。
シミやそばかすの気にならない透明感のある肌にしてくれる医薬品です。ビタミンB2やB6も配合し
ていることで肌荒れの予防にもなります。ターンオーバーを整えてくれます。

 

ミルセリンホワイトNKB

ニキビ予防やシミ対策におすすめの医薬品です。
L-システイン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEが配合されています。

 

ハイチオールCホワイティア

シミ治療薬としてCMでもおなじみの商品です。ドラッグストアでも取り扱いがありますし
手軽に購入できます。通販限定のものは送料がかかったり、買い忘れしてしまうなどが
あるかもしれませんが、ドラッグストアですぐに購入できるものは買い忘れの心配もないですし
とても便利です。L-システイン、ビタミンC、ビタミンB5が配合されている医薬品です。

 

シミケアのための医薬品は配合されている成分は似たようなものが多いですが、配合量などが異なりますので必ず配合量もチェックしてみてください。

 

シミができないようにするために

シミを作らせないためには、毎日の紫外線対策が欠かせません。紫外線は365日降り注いでいますので、
雨の日でも冬でも紫外線対策が必要です。
日焼け止めを塗ってお肌を紫外線から守るとともに上記のようなお手入れを行うことで
シミの気にならないお肌を維持していきましょう。

更新履歴